ペット用の薬|病気を撃退するための薬!アモキサピンやキウォフプラスの紹介

ペット用の薬

黄色の薬

薬は、人間だけのために存在しているものではありません。たとえば「犬のための薬」も存在しています。たとえば、犬を飼っている人はゼッタイ持っておくべきと言われているのがキウォフプラスなどの「フィラリア症の予防薬」です。キウォフプラスを、用法用量を守って....すなわち毎月1回投薬することで、犬はフィラリア症を発症することなく健康に暮らしていくことができるようになります。
フィラリア症という病気は、「蚊がもってくる感染症」です。感染症といっても、梅毒のように細菌が入り込むわけではありません。蚊が運んでくるのは、最初は小さく、成虫になると大きくなる寄生虫です。蚊の体内に収まるくらいのミニマムサイズだった寄生虫が、犬の血管内でどんどん巨大化し、最終的には新鮮な血液を体内に運ぶ動脈を詰まらせてしまうまでになってしまいます。そうなると、犬の体内環境はめちゃめちゃになってしまいます。「なんか最近、うちのポチが元気ないな……」と思っていると、ころっと死んでしまったりするのです。
キウォフプラスを毎月、特に蚊が飛んでくる季節に与えていれば、そのようなことになってしまう気づかいはないでしょう。キウォフプラスに含まれている予防効果が、寄生虫を幼虫のうちにしっかり撃退し、成長を食い止め、発症を抑えてくれるのです。